NAOMI

デジタルレントゲンの世界基準に。
Children

デジトゲンNAOMI。それは人にも環境にもやさしいデジタルレントゲン。デジタルだからフィルム不要。現像液などの廃液の処理も要りません。撮影後すぐに画像が表示され、医師がすばやく診断できるようにアシストし、患者さんの待ち時間も減らします。被ばく量もぐっと低減できるため、お腹の中の赤ちゃんにだってやさしい検査ができるようになる。鮮明でクリアな画像が得られるから、20人に1人といわれる乳がんだって早い段階で見つけられるかもしれない…。撮影した画像は、サーバーやメールなどを利用し簡単にデータのやり取りができ、たとえ僻地の病院でも遠く離れた場所にいる専門医のアドバイスが受けられる。
「医療格差をなくす。」 デジトゲンNAOMIは、大病院だけでなく小さな医院やクリニック、あるいは医療途上国といわれる国々でも使われています。

フィルムからデジタルへ

デジトゲン

1895年にヴィルヘルム・レントゲンがX線を発見して以来、私達はフィルムを使いその光をとらえてきました。時代は変わり、医療業界でもフィルムレス化が進んでいます。現在、デジタル方式にはCRとDRがあります。しかし、CRはフィルムからデジタルに移行する間の過渡期なもの。今や、デジタル方式はCRからDRへと大きく変革しています。DRにする事で、より素早く効率的なレントゲン撮影が可能になります。

グローバルスタンダードへ

CCD

今までのデジタルレントゲン(DR)は、非常に高価なもので主に大病院で使われていました。しかし、生命にかかわる医療機器だからこそ、小さな医院やクリニック、あるいは医療途上国といわれる国々のドクターにも使って欲しい…。そんな思いを込めてアールエフは独自の技術を駆使し、高品質・低価格のデジタルレントゲンNAOMIを開発しました。操作も簡単で使いやすい製品、NAOMI。それは、これからの世界標準に。

地球にやさしい

ECO

ご存知でしたか?現像液・定着液の廃液は、たとえ100倍に希釈しても下水道などには捨てられません。処理する手間や環境への負荷も大きい。デジタルにすることで人にも地球にもやさしくなるのです。フィルムや処理液などの消耗品が一切要らないから環境汚染のもととなる産業廃棄物を出しません。また、今までフィルム撮影にかかっていたコストも削減。環境へのやさしさとコスト削減。その両方を実現できるのです。